会社設立の代行とは?

会社を登記する事を会社設立と言います。

多くの手続きを踏む事となりますが、主に行うのは定款認証や資本金の支払い、法務局にて行う会社登記です。一人で一から会社を立ち上げるのは可能であり、一人で設立するメリットは、定款で定める内容の決定権を持てる点です。とはいえ、慣れている人でなければある程度の知識が無ければ難しい部分もあるでしょう。多くの書類を作成したり、難しい言葉に目を通す必要がありますから、手続きの方法によっては時間がかかってしまいますし時間も変わってきます。

そういった面倒な工程や手間を省くための手段として活用されているのが「会社設立の代行」です。税理士事務所や司法書士事務所で提供しているサービスではありますが、メリットはもちろんあります。まず挙げられるのは、やはり手間を大幅にカット出来るという点でしょう。発起人が作らなければならない書類もあるので全てを任せられるわけではありませんが、役場へ提出するものや諸手続きを代行してくれるのはとても有り難い事ですよね。

また同じように、会社設立代行に依頼する事でかかる費用も削減できます。電子定款認証を使う場合には機材が必要になるのですが、代行サービスを提供している税理士事務所や司法事務所には必ず機材が揃えられているので費用を浮かせる事が出来ます。「会社設立に興味があるけれど、お金も時間もかかってしまう…」このようなイメージを持っているのであれば、まずは相談してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *