会社設立の準備、必要な費用とは?

会社設立を考える際、一体どれくらいの費用を用意すれば良いのかわからない、という方もいらっしゃいます。

「会社を作るためにはたくさんのお金を用意しなければいけない」というイメージがありますが、実は最低費用というのはおよそ6から10万円ほどしか掛からないのです。株式会社にしたいのか、合同会社にしたいのかによって金額に違いがあり、株式会社設立をお考えの場合には手数料などの関係上、合同会社よりも最低費用が多く掛かってきます。

合計費用はおよそ21から25万円ほどです。両者どちらの会社を選んでも、これらは国に支払うための登記費用となっており、必ずかかる金額となります。それぞれの内訳は以下の通りです。「株式会社設立の場合」は、公証人に支払うための手数料が5万円、定款の謄本手数料と収入印紙代が合わせて4万2000円、登録免許税が15万円と、これらの出費が必要です。

このうち、電子定款になりますと印紙代が掛かりませんのでおよそ4万円ほど浮かせることが可能です。登録免許税に関しましては、資本金の0.7%と比べてより金額の高い方が適応されます。「合同会社設立の場合」は、定款の謄本手数料というものは発生しません。

株式会社と同じく収入印紙代が4万円ほど掛かりますが、電子定款で無料にすることもできれば出費を抑えられます。合同会社の場合、安いのが登録免許税です。6万円か、資本金の0.7%と比べてより高い方の金額で支払いが発生します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *