会社設立での費用とは

会社設立となるとかなり高額の費用がかかると思う人がほとんどでしょうが、手続きの面だけで言うと決して高額ではありません。

株式会社設立の場合で30万円程度です。ちょっとびっくりするくらいに少ないと思われたのではないでしょうか。これは別に間違いでも何でもなく、法律上の手続きにかかる費用としてはせいぜいこの程度です。

もちろんこれは手続きにかかる費用だけであって、それ以外のお金は全く含まれていないことに注意する必要があります。いわゆる事業のための資金というのは一切考慮されていません。

たとえて言えば、全く会社設立するだけであって、そこでどんな事業をどのように展開するのか、その事業展開、事業運営のためにどれくらいのお金がかかるのかということは計算に入っていないのです。では、手続きにかかるお金とは一体何に対するものなのかといえば、定款と登記です。

定款も登記も会社を設立するためには法律上必須とされているものであって、省略したりすることはできません。定款とは設立しようとする会社の基本的事項を記載したものになります。誰が、どこで、どんな事業を行う会社を作ったのか、その会社の名前は何というのかなどといった事柄が書かれることになります。

また、登記というのは会社という法人の新規登録と思ってください。個人の場合の出生届に相当するものです。これら定款と登記には一定の手数料がかかることが定められており、そのためのお金が即ち会社設立にかかる費用となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *