会社設立にかかる費用は会社の形態で違う

会社設立を考えているという時にどのような会社を設立するのかを考えておく必要があります。

日本ではよく設立されている会社の形態は株式会社といわれています。そして、2005年からは合同会社の会社設立が増えています。会社の形態が異なると設立費用も異なってきます。これらの会社の形態はどのように違うのでしょう。この点については、株式会社は出資者が株式を取得することで株主となり、会社が設立されるという会社なのです。

出資者と経営者が違っているということもポイントで、株主は直接経営を行うのではなく、出資を行います。そして、株主に選ばれた取締役が経営の責任を負うということになっているのです。それに対し、合同会社は2005年の会社法施行による有限会社の廃止に伴って、新設された会社の形態の1つで、このタイプの会社は社員が出資を行うという特徴があるのです。

そして、出資者と経営者が同じになっているというタイプの会社になります。出資者と経営者は同じなので、株式会社が毎年行っている株主総会も開催する必要がありません。また、取締役会もないのです。これらの二つの形態の会社にはそれぞれ違った特徴があります。

そして、設立に関する費用も異なっているという特徴があり、合同会社設立する方が株式会社を設立するよりも設立費用は低くて済むのです。また、経営や出資に関わっている人々の数も株式会社の方が多くなっているといった特徴があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *