会社設立にかかる最低限の費用について

会社設立にかかる費用は最低いくら必要となるかみていきたいと思います。

まず株式会社設立にかかる最低費用として、定款の作成から登記の際に必要となる代金があり、定款に必要な収入印紙代が4万円、公証人への手数料が5万円、定款の謄本手数料がおよそ2、000円程度、登録免許税が15万円または資本金の額の0.7%のうちの高い方となっておりますが、合同会社の場合では、定款に貼る収入印紙代が4万円(電子定款では不要)、謄本手数料不要、登録免許税が、6万円または資本金の額の0.7%のうちの高い方となっているため、合同会社設立を選べば6万円の費用で会社を設立させることができるようになっています。

これらの費用は会社の登記にかかる代金となりますが、登記が済み会社を運営していくには多額の資金を必要としますので実際に事業運営をしていくためにどれだけのお金が必要となるかをしっかりとした事業計画を立て検討する必要があります。一般的に合同会社を知らない方も多いようですが、平成18年の法改正によって有限会社の設立ができなくなる代わりに誕生した新しい形式の会社のことを指し、出資者が少ない個人経営に適した形式です。

まずこれから作る会社の形態も含めて総合的に判断したうえで会社設立にかかる費用および運営資金を用意していきましょう。どのようなメリットがありデメリットがあるかをしっかりと理解したうえで会社設立を行うことが理想的だといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *