会社設立とその費用について

会社設立の費用ですが、これは決まりの上でははっきりしています。

会社設立というとどんな事業をどのように展開するかといったことを考えるのは当然でしょうが、それは経営者が考えるべきことであって、決まりというものではありません。決まりとして存在しているのは定款の作成と法人としての登記です。

極端なことを言えば、この2つさえクリアすれば、どんな事業をどのように展開するかなどの考えが甘かろうが会社設立はできます。もちろんそんなことではその会社は設立直後に倒産してしまうかもしれませんが、少なくとも設立できないということはないわけです。定款とはあまり聞きなれない言葉でしょうが、会社としての基本的な取り決め事項を記載したものです。

作成そのものは別に自分でワープロで作ることも可能であり、専門家にでも依頼しない限りは特別な会社設立の費用が発生するわけではありませんが、収入印紙を貼付しないといけないと決まっており、これが4万円かかります。法人登記に関してはその費用を手数料として納入する必要があります。

新しく法人が誕生したことを一定の範囲で公知のものとする必要があるわけですから、そのためにかかるお金を設立する人が負担することが求められているわけです。この費用が、株式会社の場合で約20万円かかります。会社を作るためにかかる費用は最低限この2つの合計ということができます。もちろん細かいところで若干追加されたりする可能性はあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *