会社設立を代行会社に依頼するメリットとは

会社の設立までの手続きは非常に煩雑です。

専門家しかわからない専門用語や書式の形式、文言に至るまで不備があってはなりません。会社設立の際に必要となる書類にミスがあると、返却されてしまうからです。設立までのプロセスに時間がかかってしまうのは大きな問題といえるでしょう。ですが、こうした問題を解決するために有効なサービスがあるのをご存知でしょうか。会社設立代行サービスです。

これらの代行会社には、行政書士や税理士、労務士などのその道に精通したプロフェッショナルが在籍しています。その専門家たちが依頼主の代わりに書類の収集・作成、各省庁への申請手続きや届け出処理を全て代行してくれます。もちろん、プロが手続きを行うのですから書類不備のため余計な時間がかかってしまうというミスを事前に防ぐことも可能です。

さらに会社設立には欠かせない定款の作成も依頼することができます。定款は登記申請の際にも必要となる大切なものですが、近年はそれらを電子定款として製作するケースが増えているのです。電子定款は個人で作成するとなると時間も手間もかかりますが、プロが作成する場合はほとんど時間がかかりません。

依頼主は代行会社のメールに必要事項を記載し、書類などを送るだけで電子定款が完成します。電子定款にするとコストも削減され、非常にメリットが大きいのです。そういった利点がありながら、会社設立までのサポートも行ってくれるというのが代行のサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *