会社設立はその道のプロに代行してもらうのが安心です

会社設立の手続きは、自分でもできますが、専門の知識と技能を持つ人に代行してもらうと安心です。

会社を設立するというのは、どのような会社にするのかがはじめにありきで、出資者等の話し合いで決められ、その内容が会社の基本規則である定款に記載されることになります。定款は作成しただけではなく、その正当性を公証人に認証してもらわなくてはなりません。その定款認証の手続きは従来は紙面によるものでしたが、インターネットが広く使われるようになった現在は電子定款認証が広く行われています。

インターネット利用による定款認証の方法は、収入印紙代が不要などのメリットもありますが、専用のソフトや機器が必要であり、その価格はばかになりません。届け出た定款に不備があれば最初から手続きをし直さなければならないので、そうした事態にならないようには予め公証役場等で内容を見てもらう等も考えなければなりません。専門知識のある行政書士等に定款作成や認証手続きを代行してもらえばこうした点もカバーできます。また、法務局に会社名や住所地等を登録し、会社の印鑑を登録するなどの諸々の書類作成なども必要です。

会社設立の手続きは、自分でやって出来ないことではないですが、上記のようなデメリットもありますから会社設立の手続きに詳しい専門職に代行をしてもらうのが良いです。会社設立には公的役所への届け出ばかりでなく、資金面や従業員の確保等諸々の必要事項がありますので、設立の手続き面はその道のプロに任せて、空いた時間を会社設立後の活動の準備に力を注ぐことの方が賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *