電子定款のメリットを最大限に利用しよう

会社設立においては定款を設定し届け出ることが必要となります。

定款は会社における基本的なルールを設定したものとなっているほか、金銭的な面についても定義することで会社の運営を司る基本的な原理原則を規定するものであるため非常に重要視されるものとなっていますが、金銭的な内容が記載されていることから契約書の1種として届け出を行う際には印紙税を支払い収入印紙を貼り付けることが義務付けられています。しかし会社設立には様々な諸経費がかかる中で印紙税を支払わなければならないことが大きな負担となることも少なくありません。

加えて定款で定義される金額は非常に高額な場合が多く、印紙税の特性上金額に応じて相応の税額を支払わなければならないことから、設立における経費において高額な負担をしなければならないことになるのです。この際に考慮したいのが電子定款を利用する方法です。電子定款は文字通り電子的に定款を作成し電子媒体で届け出を行う方法ですが、この場合には印紙税が免除される仕組みになっており、設立における経費の大幅な削減につながります。

また従来の紙媒体での定款の届出に比べ、電子定款は電子媒体を利用し届ける方式となるため、印刷におけるインク代や用紙代の削減のほか、実際に印刷を行う作業を削減することができるため間接的に人件費の削減にもつながることになり非常に効率の良い方法となっているのです。さらに電子定款の場合には電子データを修正することで簡単に修正が行えるため、変更等の際にも比較的簡単に行いその経費も軽減することができるため、定款を管理する方法としても非常に有効であると認められる方法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *