電子定款の作成方法について

電子定款を作成する際にはWordで作った定款の原稿をPDFへと変換する必要があります。

PDFの返還を行うソフトの中には無料のものと有料のものがありますが、電子署名挿入機能が付いているものは基本的に有料なのでフリーソフトでは作成することが出来ません。一般的にはAdobeAcrobatを購入するケースがほとんどとなっています。電子定款を作成する際には変換したPDFファイルに電子署名を付ける必要がありますが、その時には電子証明書の認証が必要になります。その申請を行う際に必要となるのが住民基本台帳カードです。

このカードは住民票のある役所から交付されます。インターネット上には住民基本台帳カードの市区町村交付窓口一覧を確認することが出来ます。住民基本台帳カードの取得には身分証明書、手数料、交付申請書が必要となります。写真付き住民基本台帳カードが必要な場合は写真も持っていきましょう。その後、電子証明書を取得します。

こちらも住んでいる市区町村窓口を利用すればOKです、電子証明書の発行手続きが完了すると、電子証明書発行確認票が交付されます。あとはカードに保存された電子証明書を読み取れば良いのですが、その時にはICカードリーダライタを準備します。価格は2、000円から6、000円ほどとなっています。公的個人認証サービス対応のものを用意する必要があります。これを使ってPDFに署名を付ければ電子定款はほぼ完成と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *