電子定款作成に無料で使えるサービス

電子定款を自分で作成するなら、無料で使えるサービスを活用するのがおすすめです。

例えば、会社の定款のテンプレートを提供しているサイトがあります。定款を作成するといっても、知識がないとどのように文章を作っていけばよいのかがわかりません。しかし、テンプレートなら、それに手を加えて作成していけばよいだけなので、初めてでも比較的容易に作成することが可能です。電子定款のテンプレートサービスを提供しているところでは、電子定款の作成をオンラインで依頼できるところもあります。

また、併せて定款の認証を依頼することができたり、登記の申請までも代行してもらえる場合もあります。その場合は有料です。代行サービスにはいろいろありますが、中にはとても安い費用や無料でやってくれるところまであります。もちろん、無料でやって利益を出せるはずがありません。ではどこで利益を出しているかというと、大体は顧問契約を結ぶことで利益を出しています。会社形式の業者の場合は提携する士業、士業がやっている場合はそこの士業と顧問契約を結ぶことを条件として利益を出しています。

士業も広告宣伝費を節約することができ、その分を無料でサービスの提供に充てられ、顧問契約で利益を出していける事から無料で行えます。この場合、設立後の関係もその士業と続けていくことになりますので、もしこういったタイプを活用するのであれば、その士業が顧問契約を結ぶのに適しているかといったことも見ておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *