電子定款を使うことで得られること

電子定款は電子方式で定款を作成するので、紙に印刷して定款の認証を受ける必要がありません。

紙の定款の認証に必要な費用は手数料と印紙代と謄本代で約9、200円ですが、電子定款はこのうちの印紙代4万円がかかりませんので、5、200円ほどあればよいことになり、節約することができます。実際は、電子定款を作成するのに必要なソフトや機器を購入すると、4万円と同じくらいか超えてしまいます。そこで、持っていない人でも安くしたいなら業者を活用するのが良い方法です。業者は、安い所なら数千円で定款を作ってくれますし、認証や登記の申請まで行ってくれるところもあります。

ネットで探せばネットで依頼できるところをたくさん見つけることが可能です。どこまでやっているかは業者により異なるので、よく確認してください。定款の作成までの場合は自分で認証や登記申請までを行うことになります。業者の種類は、士業の方がやっている場合と、会社形態でそこに属する士業や提携する士業に作成と申請代行をしてもらっている場合があります。

登記の新背については司法書士の権限で、行政書士や税理士は行うことができません。中には、法律的にできないところを、発起人名義で行うことで先達しているケースがありますが、それは違法です。トラブルになってはいけないため、行政書士や税理士で登記申請まで請け負っているケースでは、司法書士と提携しているかどうかは確認してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *