会社設立の電子定款とは

会社を作る時に必要なのが定款です。

それを電子媒体で作成したものが電子定款となります。電子定款を作成するには、PDFファイルを作成できるソフトを購入する必要があります。無料のソフトも存在していますが、電子署名を入れるのに無料版では対応できませんので、有料版を買わなくてはなりません。あとは、マイナンバーに入っている電子署名を電子定款に入れるために、ICカードリーダライタを用意します。大体合わせると4万円から6万円ほどかかります。

電子定款を認証してもらう時には4万円の印紙税がかからないので、自分でやると大体紙で認証を受ける場合と同じか少し高いくらいになります。すでに持っている場合はそれがかからないため、4万円丸々お得ですし、持っていない場合でもソフトとICカードリーダライタが手に入るため、別のことに利用する際に役立てることができるため、自分でやるするなら電子定款を使った方がお得です。代行業者を使えば、仮に持っていないとしても紙で自分で作成するより安くなります。

業者は必要機器を持っているので、自己負担分がかかりません。サービス料金が4万円を超えない業者を利用する限り、差額分が浮くことになります。したがって、なるべくコストを抑えたいけれど持っていないケースでは、代行業者を活用するのがおすすめです。業者の中には、とても低廉な料金でやってくれるところがありますが、顧問契約やサービスの購入が必要なことがあるため、それは確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *