知っておきたい電子定款の知識

電子定款は、紙ではなく電子媒体で定款の認証を行えるようにしたものです。

利用するメリットになるのが紙で必要であった印紙代であり、電子媒体であれば不要になるので4万円の節約になります。そのためこれを利用した方が良いと感じられますが、特徴を知っておかないと出費が増えてしまうケースもあるので注意が必要です。一般的な企業の会社設立を行う際に、自力で電子定款の作成・認証を行うのは適した方法ではありません。

その理由は手続きを行うために必要になる機材などを揃えるために4万円前後かかってしまうからであり、節約できた印紙代とほぼ同じ出費になるのでメリットがなくなります。揃えなければならない機材はPDFファイルに変換するソフト、マイナンバーカードから電子証明書を読み取るためのICカードリーダライタです。単にPDFファイルに変換するだけであれば無料のソフトもありますが、電子定款には読み取った電子証明書を署名で挿入する必要があり、これが有料のソフトにしか付いていないため、持っていなければ購入することになります。

電子定款の認証代行を行っている専門家はこれらの機材は揃っているため、依頼料が安くなります。どこまでサービスを行っているかで料金は変わってきますが、4万円もかからないところが多いので、節約するために電子定款を利用する場合は依頼した方が手間がかからずお得です。既に機材がある場合は自力で対応してみても良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *