電子定款に必要な電子証明書

電子定款を作成する時には、電子証明書が必要です。

紙媒体の場合は、意思表示として印影を残すことができますが、電子的な文書ではそれができません。そのため、電子的に証明をすることができるシステムとして行政が運用しています。納税などの手続きにも利用されていて、信頼できる第三者に間違いなく本院であることを電子的に証明することができます。電子証明書は、電子定款を作成するためには必須で、あらかじめ作っておかなければいけません。

会社でなく個人に対して発行されるので、会社を設立しようと言う発起人が取得しなければいけません。電子文書に証明を埋め込むためにはマイナンバーカードや住民基本台帳カードなどのICカードとICカードリーダライタが必要になります。ICカードリーダライタは家電量販店で購入することができますが、電子証明書に対応しているものでなければいけないので注意しましょう。電子定款が作成できた時には、改ざんできないようにPDFに変換をします。

そのPDFに電子証明書を埋め込むために専用のアプリケーションが必要です。申請先のwebページから無料で入手することができるので、忘れずに用意しておきましょう。ICカードに保存されている電子証明書をICカードリーダライタから読み込み、電子定款に利用します。ICカードは実印と同じ効力を持っているため取り扱いには注意して、保管はセキュリティがしっかりしている場所を選ばなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *