電子定款は印紙税がかかりません

会社を設立する際には、定款というものを作る必要がありますが、従来はこれを紙で作成していました。

ところが現在では、定款を紙ではなく電子データとして作成するケースが多くなってきています。電子定款の作成には、保管しやすいなどのメリットもありますが、一番のメリットは印紙税がかからないということでしょう。定款を紙で作成した場合は印紙税がしっかりかかり、その額はなんと4万円にもなります。これが電子定款なら0円になりますから、圧倒的に電子定款の方がお得です。しかし電子定款を作成するためには、実は専用のソフトが必要になってしまいます。

ソフトは数万円するのが普通なので、これを考慮に入れると紙で作るのとあまり変わらないことになってしまいかねません。またソフトだけではなく、電子カードリーダライタなどの機器も必要になります。それでは結局、紙で作るのも電子データで作成するのも、さほど変わらないのではないかという話になってしまいますが、お勧めなのは専門家に任せて作成してもらうことです。

会社設立などを代行してくれるサービスを行っている会社は探せばたくさん見つかります。そのような専門家の方々は、ちゃんと電子データで定款を作成するソフトや機器も所持していますから、自分でそれらを購入せずとも大丈夫です。専門家に任せれば、定款作成だけでなく、会社を設立するのに必要な他のさまざまな手続きに関しても対応してもらえますし、アドバイスなどもいただけるので助かります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *