電子定款の作成を考えているなら知っておくべきこと

会社を設立するのに定款の作成は必要です。

定款には、会社設立の目的や運営ルールなどを定めます。会社の基礎ルールが定められるものなので重要で、作成した後は公証役場で認証を受けなければなりません。従来は紙で作成していましたが、電子定款も現在では認められています。電子定款は、ICカードリーダライタやPDF作成ソフトなどを購入して、マイナンバーカードで電子署名を入れるなどして作成します。

電子定款のメリットは、印紙代の4万円が認証を受ける時に必要ない点です。そのため、コストが削減できます。ただし、前述の必要なものを購入するとほぼ4万円はかかってしまいますので、持っている人ならという留保が付きます。自分で作成することを考えているなら紙の場合とコスト的に大差はありませんが、ソフトは別のことにも利用できますので、それを考えたらお得かもしれません。専門家に依頼して作成してもらうと、コストそのものを節約できます。

専門家の中には、サービス料金を10、000円前後に設定している人も多いからです。また、専門家に頼めばスムーズに作成してもらうことができて、自分でやる場合のように調べながら行う必要もありませんので、その分別のことに労力を割くことができます。いずれが良いかは考え方次第です。自分で作成することで知識を手に入れることもできますし、専門家に任せて確実に電子定款を作成するのも悪くありません。いずれが良いかを考えたうえでその方法を選んでください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *