電子定款のメリットとデメリットについて

電子定款を選ぶことで印紙税がいらなくなると言うことは、メリットの一つです。

紙媒体から電子に換えるだけで経費を削減することが可能です。書面の場合に必要となる印紙税は4万円と消して安い金額ではありません。少しでも安くなるのでメリットになると思われがちですが、実は同時にデメリットになる恐れもあります。それは、必要な設備に問題があるからです。電子定款を扱うためには、いくつかの準備が必要です。まず、なくてはならないものはパソコンです。

電子化するのですから当然かもしれません。定款自体を作るのはどのようなソフトでも構いません。最終的には電子署名できて、改ざん防止できるアプリケーションを使う必要があります。また、そのほかにもICカードリーダライタ、住基カード、電子署名書も準備しなければいけません。電子定款を作り始める前に、電子署名の申請やICカードリーダライタの設定を済ませておかなければいけません。

全ての準備ができたら法務省登記・供託オンライン申請システムを使って申請を行います。このように電子定款を実現するためには、数多くの設備や時間がかかります。また、設定などでそれなりの知識も要求されます。印紙税の4万円を差し引いて、メリットがあるか微妙です。必要な設備を業務上で利用することがわかっているなら、メリットは大きいかもしれません。ただし、電子定款のためだけに準備するようなことは避けたがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *